太陽光発電に関する最新ニュースを紹介しています
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


sponsored link
01/18
ネッシャヴェトリル地熱発電所
Nesjavellir Geothermal Power Plant

 レイキャビク・エナジ-社が所有する地熱発電所。標高177メートルに位置し、レイキャビク市内からのアプローチもよく、年間数千人のビジターが訪れる。ここで作られた温水は標高406メートルのタンクまで揚水され、レイキャビクへとパイプラインを通り、27キロの距離を7時間で到達する。個人・団体共に見学可能。

 tel. 354-490-2408

sponsored link
08/21
グーグルが太陽光発電?
[eco.nikkei.co.jp]

 グーグルは2007年6月、1.6メガワットという大規模な太陽光発電を稼動した。ソーラーパネルによるエネルギー供給で、本社のピーク時の電力需要の3割をカバーする。9220枚のソーラーパネルはシャープ製。オフィスビルの屋上や、駐車場の日除けの上などに設置した。施工から完成まで6カ月しかかからなかったという。環境対策としてクリーンな電力を買うこともできるが、自ら電力を作り出すことに意義を感じている、と担当者は話す。今回の太陽光発電は、7.5年で投資を回収し、採算が取れる計算。太陽光パネルは25―30年持つ。導入コスト回収後は、クリーンな電力をコストをかけずに利用し続けることができる。環境面でのメリットも大きいが、同時に大幅なコスト削減にもつながる魅力的な投資だ。

sponsored link
Copyright © 2005 ソーラーパワー研究所.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。